■ブッキング


「ライブを見ることが仕事です」

ブッキングスタッフ未経験の方でも1からお教えしますので、スケジュール管理やイベント制作のいろはが学べます。

▼ブッキング、スケジュール管理
コンサートプロモーター、アーティスト、プロダクション、レコードメーカー、一般企業など、
多方面からの会場利用のお問い合わせに対応し、年間のスケジュールを管理していきます。
会場自体の営業力やプロモーション能力はもちろんのこと、借りていただくお客様との交渉力やコミュニケーション能力も求められます。

▼イベント制作
会場をレンタルしてもらう以外に、自らイベントを作ることもブッキングの仕事です。
アーティストや事務所と交渉、出演契約をしながら、イベントを制作していきます。
常にいろいろなアーティストのライブを見ながら、現行の音楽シーンにアンテナを張り、流行をいち早く察知する嗅覚が必要です。
「東京(渋谷)の新たなカルチャーを作っていく」担い手となり得る、非常にやりがいのある仕事です。
また、積極的に深夜公演も実施しており、新しい流行やカルチャーを生み出すようなジャンルのイベントを、
実験的に実施する場所としても活用することができます。
会場での主催イベント以外にも、過去には、数千人規模の会場での野外イベントなども実施しています。

▼アーティストプロモーション
ライブハウスだからこそできるアーティストのプロモーションも強みの一つです。
例えば、TSUTAYA三軒茶屋店とのコラボレコメンドコーナーのマネジメントや、
業務提携しているTSUTAYAO-Groupのライブハウスと共同で発行しているマンスリー誌の編集にも携わります。
自らアーティストのインタビューや、ライブレポートの取材に行くことで、
アーティストや事務所との深い交流を持つことができ、イベント制作にも生かすことができます。

★ブッキングスタッフに求められる資質

・交渉力やコミュニケーション能力に長けている方。
・スケジュール管理は、パズルのように複雑に日程を組んでいくことが求められるため、柔軟な発想ができる方。
・独自の音楽性に基づき、ライブハウス全体のイメージディレクションができる方。
・音楽業界の経験がある方はもちろん、ディレクターなどの業務をされたことがある方も経験を活かせるかもしれません。

応募はこちらから

インターンをご希望の方はこちらから